読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこそこ

本田そこの文章

意見と問題と権力のこと

最近、他人と衝突することがない。

 

以前はそうじゃなかったのかと言われると、特筆するような出来事はなかったなぁという具合なので、元々そんな感じらしい。

自己主張をあまりしてこなかったからかもしれないが、それだけでもないんだろうなぁと思ったので、少し頭を巡らせた結果をメモしておく。

 

ただ一つ結論めいたものを先に述べておくと、この先、他人と衝突する可能性が少し高まっているのを感じている。だから、権力が欲しい。

 

自己主張をするタイミングって、自分が生きるために持っている何らかの「軸」の存在が浮き彫りになって来る瞬間だと思うんですが、今のところ、私の「軸」を表に出す必要のある機会がないので、自己主張をしなくなる。結果として、他人と衝突するような場面がなくなってくる。

他人の主張に対して、こちらとしては特に意見がないからお好きにどうぞというスタンスになることが多ければ、そりゃぶつかることも減るだろう。

意見を持っていないわけではないので、求められたら口にする。だけど、意見そのものにこだわりは無いから異論があれば聞くし、採用されなかったところでまぁいいやという感じになることも多い。

 

しかし、これは自分が通したい何かを持っていないというわけではない。

単純に、皆が議論する対象と別のところにそれがあるだけなのだ。

幸いにしてそこに触れてくる人がいないから、私は淡々と自分のやりたいように振る舞うことができていて、それゆえ、他の部分で多少自分の意見がないがしろにされようと問題がないというスタンスでいることができている。

 

問題意識の違いというと語弊があるので、観点の違い、と少しぼかした表現にしてみよう。

そもそも歩んできた進路の特性上、皆が暗黙のうちに前提としているところに光を当てて問題を顕在化させる、というのが自分の得意としているところなので、そりゃまぁ誰も気づいてなかったんだから議論が始まりもしない。

一方、私がそういうところにかまけている間に、他の人たちは別の問題に着手する。

動いているレイヤーが違うのだ。

そして、私は問題を見つけはするし解決策も掲示はするけど、どう対処するかには興味がない。強いて言えば自分に火の粉が降りかからないように配慮するけど、そういうのは問題の設定と掲示する解決策の調整で事前に対処できることが多い。 どの解決策を選んでも自分の望まない方向に行かないようにする、というのは、案外やりやすい。こだわりがない分、受け入れられる結果のバリエーションが多いからでもあるのだろう。

 

そういった振る舞い方をしてきたから、他人と意見を交わしても衝突することは無い。その点については意見を持っていませんでしたということが多いし、そもそも議題そのものに疑義を唱えてしまうので、じゃぁ一緒に考えようという流れになることもある。

こんな感じで、最近は他人と衝突することなく過ごせてきた。

 

だけど、近頃不穏な空気がある。どこで、とは言わないけれど、基盤からしっかりさせていくために心機一転を図ろうというのに、過去のしがらみやサンクコストに縛られた選択肢などが見え隠れするようになっていて、過去の失敗の轍を踏むような流れが少しずつ見えてきている。そうなってくると、そもそもの行動の前提条件という、私が普段過ごしている領域こそが今度は皆の議論の対象となってくるので、さすがに意見の対立、そして衝突は避けられなくなるのではないかと危惧している。

 

じわじわと根回し的なものをしてはいるけど、そもそもあまり頑張りたくないので、労力をかけていない。

できることなら今回も、他人との衝突を避けて乗り切りたい。

 

有無を言わさぬ権力が欲しいなぁ、と思った。

そんな話。